ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

SIERRA LEONE シエラレオネ

シエラレオネでの活動

これまでの活動国・地域

緊急支援/復旧・復興支援活動

2001年4月〜2007年3月

内戦がほぼ終結してきた2001年、多くの避難民が滞在するキャンプの運営を開始。シエラレオネ国内は安定化が進み、避難していた人びとのほとんどが2002年5月までに出身地へ戻ることができました。PWJは多くの住民が難民・避難民となったコノ地区での再定住の促進と地域安定を支援しました。また、隣国リベリアから戦火を逃れてきた難民支援を開始。最大3つのキャンプを運営し、入居者は最大時で1万人以上を支援しました。

支援を受けた人からのメッセージ

ボンドゥ・コマちゃん(7歳)

補習校で勉強するのが大好きで、好きな科目は算数。PWJスタッフがノートに「1+5は?」と書き込むと、迷うことなく「6」と記入しました。担当の先生も、ボンドゥちゃんが、ノートに正確に力強く回答を書き込む様子を見て、大感激。将来の夢は洋服屋さんになることです。

ボンドゥ・コマちゃん(7歳)

PWJの活動全般を支援する

シエラレオネの現地活動ルポ

シエラレオネでの難民キャンプ支援事業を終了

2007.4.5

リベリア難民の帰還などによりシエラレオネ国内にあるすべての難民キャンプの運営が国連からシエラレオネ政府系の団体に委ねられることになりました。 PWJは2001年以来、同国内で難民キャンプの支援を続けてきましたが、キャンプ [...]

061101SLEBOX013D_S

シエラレオネ支援の現場から~キャンプで送別サッカー大会

2006.6.30

ワールドカップを前にサッカー熱がさらに上昇中のシエラレオネ・バンダジュマキャンプで6月3日、PWJスタッフチーム対リベリア難民チームのサッカー大会が開かれました。実はこの大会、これまで2年以上現地に駐在し、コーディネータ [...]

シエラレオネ支援の現場から~入国のための”タフな交渉”

2006.4.21

日本からみて、地球の裏側にある西アフリカ。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が支援を続けるシエラレオネに入るには、いくつかのルートがありますが、日本からの直行便はもちろんなく、どのルートを使っても、それなりの課題がついて [...]

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る