PWJは世界各地で難民や被災者、貧困に苦しむ人びとを支援しています    --支援のプロを、世界の現場へ--
[カテゴリー][トップ]

ピースウィンズ・ジャパンとは


緊急・復興・開発支援のために支援のプロが世界で活動しています。

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して支援活動を行うNGO(Non−Governmental Organization = 非政府組織)です。日本に本部を置き、1996年の設立以来、世界26の国と地域で活動してきました(2013年3月31日現在)。

活動内容


1.緊急支援:いち早く、より多くの人びとに支援を届け、ひとりでも多くのいのちを守る。

・暮らしに欠かせない物資を配布
人びとのいのちを守るため、飲み水や食糧、テントや生活用品などの物資を迅速に配布します。こうした物資の調達はできるだけ現地で行います。調達や輸送にかけるコストと時間が節約できるだけでなく、被災者にとってなじみ深い、使い慣れた物資を届けることができます。

・生活環境を改善
多くの難民や国内避難民の発生に対応し、故郷に戻れるまでの間の暮らしを支えるため、飲み水の提供や、トイレ、仮設住宅、および教育環境の整備などを行います。事態が長期化する場合には、難民キャンプ等で同様の支援を展開します。また、帰還が実現した際には、帰還先での生活環境についても支援を実施します。

・次なる災害に備え、レスキュー対応力強化に励む
災害時に、より迅速なレスキュー活動ができるよう、専門家の指導のもと、スタッフが厳しい訓練に励んでいます。また、災害現場で要救助者を発見し、救助するため、災害救助犬の育成を続けています。また、自治体と防災協定を締結し、災害発生時にどのような協力を行うか、あらかじめ定めています。



2.復興支援:人びとの安心した暮らしのために「国をつくる、町をつくる」を支援。

・給水施設、トイレ、学校、病院などの建設、修復
本来であれば、その国の政府が行うものですが、紛争、災害後には政府が十分に機能していないことも多く、計画策定が遅れたり、地域的な偏りが生じたりすることもあります。PWJは、地域復興の足がかりになるよう、人びとの暮らしに欠かせない社会基盤の復旧を行っています。

・経済復興を後押し
住民たちが自らの生計手段を確立し、地域に根ざした経済活動を行えるよう 事業再開に必要な備品などを配布しています。



3.開発支援:貧困からの脱却を目指し、経済的な自立を支援。

・フェアトレード
PWJは、復興を遂げた地域が自立し、将来的な安定につながるよう、地域の人びとがつくった物を公正な価格で買い取り、日本国内で販売しています。PWJが販売するピースコーヒーも、独立前に国内紛争を経験した東ティモールで、生産者たちの暮らしの安定に寄与しています。


サブカテゴリー


ピースウィンズ・ジャパンについて
ミッション
団体概要
設立の経緯
沿革
人材募集
会計報告
事務所の場所
代表理事 大西健丞

カテゴリー


NEWS
PWJについて
現地活動ルポ
私にできる支援
パートナー
スタッフブログ/LINKS
PWJメールマガジン
サイトのご利用について
個人情報保護指針
ソーシャルメディアポリシー
ピースウィンズ・ショップ